SSブログ
前の10件 | -

新しい部門に挑戦しよう(2021年5月号)

 風薫る五月、春から今迄とは違う環境となったという方も多いことでしょう。そのような毎日にも慣れ始め、何か新しい事に挑戦してみようとするに好適な季節が到来しました。
 この「実り」で学ばれている方は、「ペン習字」「書道」「かな」「実用毛筆」の四つの部門のいずれかを履習しています。学生部なら「硬筆」と「書道」になります。習字を始めてみようとするきっかけは実に様々です。普段書く文字を美しくしたいとか、板書をする機会が多いので、などといった理由でペン習字を学び始める方。昔に習っていた書道を再び始め、集中出来る落ちつきのある時間を過ごしたいという方。茶道で鑑賞する掛軸の古筆を読めるようになりたいという思いで日本独特の書美である「かな」に魅せられて始める方。のし袋や芳名録を上手に書けたらと実用毛筆を始める方。書の学びへの入口は多岐にわたります。
 興味や必要から始めて、しばらくすると他の部門にも関心が湧いてくることがあります。教室で他の会員の学習しているようすや作品を見たり、「実り」で自らの学びの延長線上にある書の別の側面に触れたりすることもきっかけとなります。学生部の会員も目習いとして一般部の書にふれることは有効です。
 例えば、写経などは書作品として考えれば書道ですが、細字と捉えれば実用毛筆になります。肘を上げて懸腕で書く大字の看板書きは実用毛筆そのものですが、字粒と執筆法は書道で行っているものです。かなの運筆のリズムや書き方のルールには書道と異なる点が多く、これには部門として独立した学びが必要です。かな独特の要素は他部門への応用が可能であり、古筆を学ぶという枠を超えて書幅の広さをもたらしてくれます。ペン専門の書き手が筆を使うと、大きな抑揚を表現出来なかったり、逆に毛筆専門の書き手がペンを使うと滑らかな線が描けなかったりすることがあります。
 「実り」における四部門は「書」を広くカバーしています。学び始める入口は「書」という全体像の一部でもあります。緑の鮮やかな季節、この奥深い「書」を探求すべく、新しい部門に挑戦してみるのもよいでしょう。

高次に統合された脳の機能としての手書き(2021年4月号) [2021]

 一九七○年代、フランスで興味深い実験が行われました。フランソア・シェドゥリュは麻酔から覚醒していく過程で、言語機能がどのような順番で回復していくかということを調べました。麻酔から覚めてくると、一番最初に出来るようになるのは「聞く」ことです。次に「話す」こと、もう少し覚醒してくると今度は「読む」ことが出来るようになりますが、この時点においても、いまだ「書く」ことは出来ません。最後に可能となるのが「書く」という行為です。
 「読む」「書く」「聞く」「話す」といった言語活動の中で「書く」ことだけが出来なくなる状態を医学用語で「純粋失書」と呼びます。これは脳の局所的な病変で生ずるものではなく、「書く」という行為が脳の様々な領域が関わる最も高次に統合された脳の機能であるから由に起こることとシェドゥリュは指摘しています。この実験で分かることは、軽度の注意障害でも、文字の拙劣化、字画の欠落、字画の重複、新造文字などの運動性障害、書字のためらい、統辞の障害、スペルの障害が引き起こされるということです。脳の働きの処理能力はワーキングメモリーと呼ばれます。これはコンピュータの処理能力と同じようなものと考えればよいでしょう。この実験によれば、「読む」という行為は「書く」というそれよりも小さなワーキングメモリーで済む、ということになります。脳の機能からみればタイピングで文字を打つことは「読む」ことに近く、また手の動きとしても自動化された熟知運動となり易いため、ブローカ野といった言語野を始め前頭前野の活動を抑制しがちになります。
 ご紹介した実験は、言語や脳科学の分野においては有名ですが、一般にはあまりよく知られていません。最近ベストセラーとなったアンデシュ・ハンセン著『スマホ脳』では、スティーブ・ジョブズといった世界的なIT企業のトップたちが自分の子供にスマホやタブレットを与えなかったことを紹介しています。日本の漢字かな交り文は、打つとその音を入力変換するだけで少ないワーキングメモリーで出来上がり、一方手書きすると多くのワーキングメモリーを要します。手で文字を正しく美しく書こうとすることはこれからの時代ますますその重要性を増すことになるはずです。

手の細かい作業と脳の働き(2021年3月号) [2021]

人類が直立して二足歩行を始めたのが七百万年前、人は自由になった両手で様々な作業を行うようになります。これまで発見された最古の道具はエチオピアから出土した約二百五十万年前のもので、小石を削って角をとがらせた礫石器です。八千年前頃になると、打製石器にかわり磨製石器が使われるようになり、時代区分も旧石器時代から新石器時代へと移行します。新石器時代の幕明けと前後して農耕が始まるなど、人類史上、複雑で重要な変化が多く起こります。文字らしきものが使われ始めたのもちょうどこの頃です。人類の手作業の進化と他の動物にはない脳の高次な働きの進化は比例してきたのです。
 手書きとタイピング(パソコンで文字を打つこと)の脳の活動の違いについて我々が行った実験で、脳内の血流を測定する他に、同時に加速度センサーを用いました。このセンサーを両手の甲に貼りつけて手の三次元の動きや距離を測定します。作文などではタイピングよりも手書きの方が言語を司る領域(言語野)の血流が有意に上昇しましたが、加速度センサーでみると手書きよりもタイピングの動きの方が激しく、手の動きと脳の言語野の血流量の増減が比例していないことが分かりました。
 人類が言葉を話し始めたのはおよそ三十万年前といわれています。この頃、人類の脳には、その高次な働きの象徴ともいえる言語野の発達があったはずです。現在、言語に関する脳科学の研究においては以下の二つのことがらが前提となっています。――「言語野の発達は人類の直立と関係がある」「言語野の発達は人類の手仕事の発達と並行している」――言語野は脳の手の動きを司る領域の下方にあり、手を使うことが言語野への血流を促すと推察されます。タイピングが言語野の血流を促さないのは、それが自動化された単純な手指の運動となり易いからです。文字は言葉を形あるものとして残すという役割のみにその意義が置かれ、それを「手書きする」という脳の働きについてまだ広く知られていません。何もかもタイピングで済むような現代だからこそ筆記具を手にして文字を書くという時間を大切にして下さい。

「技能習得」から「人間形成」へ(2021年2月号) [2021]

 「書は心画なり」とは『揚子法言』問神にみえる言葉です。この著書は前漢時代のもので、二千年以上前からすでに書には人の心が表われることが言われています。「心正しければ則ち筆正し」は『新唐書』「柳公権伝」の言葉です。また「書は心の画なり」『慎思録』は江戸時代の学者であり教育家の貝原益軒の言葉で、文字はその人の精神・心情が写し出されるものだから、慎重に丁寧に書かねばならないと説いています。学校教育では「速く整えて書く」ことに重きがおかれてきましたが、今、古典の文言にあるような「情操の育成」や「品性の陶冶」といった書の側面が見直されてきています。
 明治三十六年、岡山県立津山中学校の教諭であった板谷浩は『鶴城』(岡山県立津山中学校内済美会刊)において以下のように述べています。「近来公徳という新たな国語が吾人の間に出来たため、吾人の道徳心は、一段の進歩を来たした様に思われる〈中略〉故に適当な教育を与えて新たに国語を知らしめ、正しき、精神上の整頓をなさしむるという事は、実に大切なる仕事である。」この「国語のはなし」と題された論文は、国語教育が「品性の陶冶」に資すべき役割を果たすべきである、という理念を体系化したとして国語教育の思潮史に残っています。現在、書写書道は国語教育の範疇において行われていますが、このような「品性の陶冶」は道徳や芸術といった課目においてなされるものとされ、国語はその役割を担わず、書写書道は「技能習得」にのみに焦点が当てられてきました。
 モラルの低下に起因した事件が大きな社会問題となっている昨今、知識としてモラルの大切さを伝えることに難しさを覚えている人も多いかと思います。スマホやパソコンで文字を打つことが日常である一方で、巷ちまたではわざわざ手書きしたりする場面もよく見られるようになったと感じています。手書きすることの脳への影響の研究が進む程に「書は心画」という古典的な言葉の意味が明らかになってきています。「技能習得」から「人間形成」へと書写書道教育の視点は確実にシフトしつつあります。

手本から学べること(2021年1月号) [2021]

 戦後、書道の授業で手本に似せて書くことの学びについて書写書道教育者の間で疑問が高まった時期がありました。手本とそっくりに書くことを強いる書写書道教育が戦前の型にはめる教育を想起させるとか、書は人なりと言う位だからそれを型にはめるのはよくない、といった見方です。ただ実際に手本がなければ線を何本書くのか、止める、抜く、といった文字を構成する基本的な要素が分からないことになり現実的ではありません。活字を手本としたら、それを手で書くと筆脈が通しづらく手書き向きの書体とはなりません。活字のしんにょうが「⻌」で、筆写体が「⻌」であるように明朝体活字に代表される字体は手書きの手本には不向きです。
 もちろん手書き風の教科書体という活字もあります。これにしても本来枠の中に一文字一文字を埋めていく活字なので、作品全体としてみるならば他の字との変化や調和についてまで考えて作られてはいないのです。
 例えば、半紙の中央に「十」の文字を書くとしましょう。水平な線を水平に、垂直に書くべき線を垂直に書くことの難しいことを実感します。また予定どおりの位置に書くことも意外と大変なものです。自分の手が思い通りに動いてくれないことにイライラしますが、脳は成長しています。人類の進化は手作業の発達と比例していますし、大脳皮質における手を司る領域は広範囲にわたります。基本となる点画を書くのも同じです。「はね」や「折れ」などはリズムや指の細かい運動の訓練が必要となってきます。また、「田」の文字を書くとしましょう。文字は空間を均等にして見せると読み易く、しかも明るく美しく仕上がります。この均等に区切るにせよ、空間の完成予想図を想起する他の動物には持ちえない高度な能力が必要になってきます。人間は他の動物と異なり、家を建てたり、彫像を創ったり出来ます。
 このように手本を参考として頭を鍛えます。頭を鍛えるために書をしているのではなくても、そこで鍛えられたものが再び書として現われるわけですからそれが書は人なりとなるわけです。
 手本といっても五体字類のような字典の文字を参考にすることもあるでしょう。しかし権威ある古典の文字を集めて作品とすればよいというわけでもありません。このような文字の中には極端に右肩上がりだったり、メリハリのない文字もあります。これはその古典の文章の前後の文字との兼ね合いの中で調和をとるためにあえてそうしていることがあるからです。
 手本の文字を参考にして作品を仕上げるためには自分の頭で考え調整することが不可欠です。手本の真似から始まり、自らの頭と真正面から向き合い、思考を深めていくことは型にはめる教育の対極に位置します。自在の力を期すれば手本から学べることは多いものです。会員の皆様の今年一年の益々の飛躍を祈念しております。

一年をふり返っての雑感(2020年12月号) [2020]

 早いもので今年も師走の頃となります。一年をふり返ると世界中が新型コロナにふりまわされたといえるでしょう。本会も四年に一度の展覧会が延期となり、毎年秋に行う表彰式も中止となりました。残念なことですが、来年以降、出来る限り開催に向けての道筋を模索していくつもりです。
 年賀状の準備はいかがですか。来年の年賀状は社会全体が自粛を強いられる中、「おめでとう」や「賀」「祝」「慶」などの言葉を避けて、新年の挨拶を述べるに止とどめるという方もいらっしゃるようです。これも一つの姿勢ですが、明るい新年を迎えたいとの期待を込めて例年どおりの賀状を差し出すことも良いことかと思います。人と人との密な交流がなされにくい昨今だからこそ、″心画″といわれる自筆で表裏共にしたためて、ぜひ互いの表情を伝え合って下さい。
 ヨーロッパでは、感染が再び拡大し、不要不急の外出を制限するなどの措置をとる国も少なくないようです。それでも大学を除く教育機関は感染に注意しつつ開いたままにしているところが多く、教育を停止させることへの強い危機意識が窺れます。大学生ともなれば自らの力でリモートでも学び続けることが出来るでしょうが、年齢が下がれば下がる程、人対人の実体験を通した学びが必要にならざるをえません。今、有効なワクチンや治療薬の実用化が待ち望まれています。人類は疫病とその叡智を以て闘ってきました。他の地球上の動物と異なり、人には教育を受け、学習をし判断をしそして創造していく能力が備わっています。
 H・G・ウェルズ(一八六六~一九四六)のSF「宇宙戦争」は、火星人襲来によってパニックに陥る人類を描いています。その結末は地球の感染症によって火星人が滅ぶというものです。このSFの示唆するところは危機における人間の描写のみならず、その地にあらざるものの弱さや、自らの地を大切にすることでもあるように私は感じています。人間がこの地球とよりよく調和していくために、教育はこれからますますその重要性を増していくことでしょう。

印刷技術の発明と手書き(2020年11月号) [2020]

 十五世紀、グーテンベルクは近代的な印刷機の原型を発明し、アルファベット一字ごとに独立した文字を組み合わせる手法で活版印刷を創始します。それまでは一文字一文字を羊の皮で出来た紙に手書きしたものが「写本」として作られていましたが、この印刷技術の発明によって書物の大量生産が可能になります。ヨーロッパ中に書物があふれるようになり、文字の読み書きが出来る層も次第に増えていきます。欧米は活版印刷技術やタイプライターの普及が東洋より早いだけ、手書きにおいても研究が進んでいます。日本ではあまり知られていませんが、現在欧米の大きな大学には筆跡心理学科があり、国際学会が頻繁に開催されるなどその活動は活発です。
 日本においても鎌倉期頃までは書物といえば「写本」のことを指していました。読み書き教育は主に家庭で行われていましたが、これは教科書となる書物の少なさに起因するといえます。
 日本の印刷技術といえば、実のところ一五九一年から一六一五年の間の一時期、キリスト教によって金属活字がもたらされています。この活字は複雑な曲線で組み合わさった「変体仮名」で作られていました。キリスト教禁教によってこの製作は行われなくなりましたが、江戸時代、書物の普及は浮世絵の印刷と同じく木版の印刷によってなされることとなります。新聞(かわら版)や、「東海道中膝栗毛」「日本永代蔵」といった文学作品、寺子屋の教科書である各種「往来物」もこの木版印刷によって量産されています。書物の増加による読み書き能力の大衆化という視点から見れば、西洋のそれは十五世紀のグーテンベルクの活版印刷の発明、日本においては十七世紀以降の江戸期の木版印刷がそれを担っていたといえるでしょう。写本から印刷へ、文字の普及は技術の発達によりスピードを増していくこととなります。
 毛筆という表現力豊かな道具を用いて数万の種の複雑な文字を書き分ける東洋の文字文化は、手書きすることを芸術の域に迄昇華させています。文字を手書きすることについて考える際、使用する文字の体系やその歴史について理解を深めることが大切です。

受賞を祝して(2020年10月号) [2020]

 今年は暑さにコロナ禍までもが加わり、今迄に経験したことのない忍び難い夏となりました。それでも自宅に居る時間が増えた分、それを習書にあてるなどしている方も多いようで、そのような会員の方々の書に対する姿勢には畏敬の念を抱かずにはいられません。
 仕事や講義がリモートになることが当たり前になる一方で、最近では、これに物足りなさを感じている人のお話もよく聞くようになりました。リモートだとスイッチを切ったとたんに一人になってしまう、とか実際に会って話すからこそ、その場の情景や環境といった共有する風物の中でのやりとりの中で新しい発見や創造が生ずるのだ、などといった意見です。
 失って初めてその有難さが分かるといいますが、パソコンで打ち出された文字が溢れる現代において、手書きのよさも見直されていると思います。前述のリモートにはない情報量の多さ、手書きの文字には例えばその筆跡や配字、それこそ紙質などといった表現までが文字記号と共に豊かな情報としてやりとりされます。
 とりわけ手書きは話すのと比べると、手の細かい動きや空間の構築性、文字性などといった要素が加わるため、それを自らの確かなものとするには、長期にわたる持続的な修錬が必要となってきます。まさに「手習いは坂に車を押すが如し」です。
 本号では年間賞が発表されています。このような災禍の渦中にあっての受賞です。その輝きはかえって増すものかと思います。受賞された方々のたゆまぬご精進に深く敬意を表しますとともに、心よりお祝いを申し上げたく存じます。

なぜ人は手書きをするのか(2020年9月号) [2020]

「人は文字を書く動物である」(ホーマー)と言います。人類は約三十万年前には会話レベルに言葉を話していたようです。これは舌下神経管の太さ(断面積)を底部から測定したところ、この頃の人類は、四百万年前の類人猿や猿人と比べ二倍程太く、現代人並みであったことによります。舌下神経は舌の筋肉を司る運動神経であり、舌の運動神経が急に発達した直接の原因は「話す」ことにあったと考えられています。
 人類が言葉を「文字」として書き始めたのはほんの五千年前のことです。現在世界中にはおよそ三千種の言語が存在するといわれますが、文字を持つ言語は百種類程度です。現代でも文字を書くことなく生きている人もいます。
 人類が三十万年もの間、教えられれば他の動物とは異なり文字を書く能力があったのにもかかわらず文字を使わなかった理由に、私は以下の三つの点があげられると考えます。第一に、似たような行動が日常になかったという点、例えば生きるために弓矢を使っていた民族には弦楽器が発達します。「絵」も似てはいますが、言語性はありません。第二に、その日を生きるために必要ではなかったということ。狩猟、採集の暮らしを人類は何百万年も続けてきました。第三に、修得に大きな負担がかかること。会話と違い「文字」という膨大で複雑な通信コードを記憶し、構成するためには多大な時間と労力がかかります。ここでは「教育」や「教師」が大きな役割を果たします。
 十五世紀のグーテンベルクの活版印刷の出現は、手書きなど価値がないものにしてしまうと当時は考えられていましたが、現実は逆で「しっかり書けるということは、しっかり考えられるということである」(パスカル)といわれるようになります。十九世紀のタイプライターの出現も筆跡学を盛んにしています。アルファベット文化圏は漢字文化圏よりも手書きすることについて歴史的にも学んできたといえるでしょう。
 文字を書くことの、記録や伝達以外のもつ意味について今一度、立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

執筆法の?(2020年8月号) [2020]

 テレビで時代物などを扱っている映像を観ていると筆の持ち方が気になることがあります。手紙といった小さい文字を書く場面で、侍が大げさに肘を上げて執筆している様子はいささか違和感を覚えずにはいられません。
 江戸時代、寺子屋の隆盛と共に多くの有能な書道教育者が現れ著書を遺しています。大江玄圃(お おえげんぼ・一七二九~一七九四)は京都の人で、その著『間合早学問』で執筆法について以下のように述べています。―――手習をなす左の手を右の腕にしきて書(かく)を枕腕(ちんわん)といふ。細字の書法なり。肘(ひじ)を案(あん・机のこと)につけて腕をうけて書を提腕(ていわん)といふ。肘をはりて書を懸腕(けんわん)といふ。大字をかく法なり。
―――また、貝原益軒(かいばらえきけん・一六三〇~一七一四)は福岡の人で、その著『和俗童子訓』で―――腕法三あり、枕腕あり、提腕あり、懸腕あり。枕腕は左の手を右の手の下に枕にさする也。是(これ)小字をかく法也。提腕は肘はつくゑにつけて腕をあげてかく也。是中字を書く法也。懸腕は腕をあげて空中にかく也。是大字をかく法也。―――つまり手紙などの小さい文字を書く場面では、枕腕もしくは提腕がふさわしいということです。
 それでは大字、中字、小字のサイズはどの位なのでしょうか。沢田東江(さ わだとうとう・一七三二~一七九六)は江戸の人で、『書話』において―――世に毛辺紙(もうへんし)一張(半紙一枚のこと)へ二三字ほど書かきたるを大字といへど、中華にては字形三四寸より已上(いじょう)を皆大字といふ。(中略)字形一寸ほどより中字といふ。虞世南の孔子廟堂の碑、欧陽詢が醴泉の銘の類をいふ。二三分なるを小楷といふ。羲之の楽毅論、東方朔画像の賛、黄庭経、孝女曹娥の碑文のごときをいふ。
―――一寸は約三センチメートル、一分は約三ミリですから、これによれば大字は一辺九~十二センチ以上の文字、これより小さく一辺三センチほど迄が中字、さらに小さくなれば小字の部類となり、一辺六~九ミリともなれば、まさしく細字となるわけです。
 筆を持って文字を書くことは、文字のタイピングが全盛の時代、遠い昔の作法と現代の人には写っているのかも知れません。テレビや映画などは多くの人が目にし後世迄残る媒体だけに、書の姿を正しく伝えていただければと感じています。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。